土地を借りる-借地権

世の中には私達が認識できそうでできない「権利」というものがたくさんあります。
私達国民に認められている「人権」という権利もそうですが、大抵は、それらは私達を縛り付けるものではなく、私達を守るものであることがほとんどです。
私達に認められている「権利」の中には、普段はあまり関係ないような、特殊なものもありますが、今回このページで取り上げるのは、「借地権」という権利のことです。
借地権とは一体なんでしょうか。
それは、他人から、建物を建てるなどの理由に基づいて、土地を借りる権利のことです。
そもそも、私達のほとんどは、自分自信ではいわゆる「土地」を所有していません。
家などの建造物を建てるには、誰かの土地を借りて、そこに建てる必要があるのです。

そこで土地の貸し主との間に結ぶのが、「借地権」になります。
もちろん、借り主側は「借りている」状態なのですから、満期を迎えたら土地は返還しなければなりませんし、いわゆる「賃貸料」も発生します。
また、あくまでそこは他人の土地のため、建物をどうこうする場合には土地所有者の許可が必要になる場合があります。
人から借りた土地ですから、許可無く他人に貸したり売ったりすることができないのです。
このように、土地を借りる側と貸す側で結ぶ借地権には細かなルールのようなものがありますが、借地権には、基本的な二つの種類があり、それら二つの権利によって、仕組みが異なります。
その点については、次のページから取り上げます。